54年のキャリアと2000社の納入実績を誇るソリューションベンダー

運送業運輸業向けシステム『車楽Ver.7』

情報の把握・分析をスピーディに行える運送・運輸会社様向けパッケージソフト

運送業運輸業向けシステム 車楽Ver.7

サービス・品質の向上が強く求められる一方、価格・運賃の値下げや原油価格の高騰、人材不足による経営への打撃など、運送業を取り巻く環境は大変厳しくなってきています。
特に運輸局による監査基準は年々厳しさを増しており、ずさんな管理をしていると車両停止処分・事業停止処分になりかねません。

こんなことでお困りではありませんか?

物流コストの実態把握

高速代・燃料費・賃金等のコストがどれだけかかり、どれだけの運賃で受ければ運送コストとして見合うのか把握できない!

車両原価の削減対策

・車両ごとの修理履歴管理を行い修理コスト削減や代替えを行いたいが・・。
・車両の経費把握を行い車両ごとに収支・コスト管理を行いたいが・・。

事務作業効率の問題

・管理帳票をエクセルで作成している。
・システムが分離しているため同じ作業を何度も行っている。
・システムが古く現状の管理に合わなくなってきている・・。
・労働基準法や道路運送法の改正などにより事務経費の削減を検討している。

日常業務の課題

・請求書はシステムで経費等はエクセルや手書きでの管理になってる・・。
・配車と売上が分断されている・・。

情報の分散・文書管理の問題

・請求書や元帳または報告書を手書きで作成している。
・担当者に聞かないと解らないことが多い。
・車両単位での原価が解らず損益が読めない。
・営業所の実態が月報でしか把握できていない。
・締日や月末に処理が集中して他の対応ができない。
・転記モレや転記ミスがチェックできていない。
・請求書の作成や締処理に常に時間が掛かっている。
・請求漏れがあり売掛金残高の管理にも不安がある。

既存システムへの不安、課題

・ハードウェアがすでに老朽化してきている。
・OSやデータベースの変更ができない。
・開発担当者以外には内容が理解できない。
・システム自体に拡張性や将来性が無い。
・システムの維持管理コストが高い。また、システムの改善に莫大な費用と時間が掛かる。
・サポートする側に運送業務に関する知識が低い。
・障害発生や問合せに直ぐに対応してもらえない。

運輸業様向け統合業務システム 車楽

車楽
入力簡単、運転者ベースでも情報の取り出しを簡単に行える運送・運輸会社様向けパッケージソフトです。
車両ごとの経費・売上実績はもちろん、修理の履歴も管理できます。
請求書・仮請求書はもちろんのこと、車両毎の経費・売上を出力できる車両別収支実績表や運賃問い合わせなど、運送業務に必要な機能が充実しています。
運用に合わせてシステムのカスタマイズも対応可能です。
画面

簡単登録

売上・稼働・経費情報の登録(運転日報)も運行毎に入力する事が可能です。

スピーディなデータ把握・分析

車両経費、稼働情報入力により、車両やドライバーの収支実績や投資分析が可能です。

らくらく検索

請求情報 → 請求明細情報 → 伝票情報(日報情報)へとドリルダウン検索が可能です。

豊富な請求書・帳票パターン

請求書は、標準で27パターンを用意。
荷主毎に帳票パターンを登録する事が可能です。

カスタマイズ対応

汎用性の高いデータベースですので、日報入力への項目追加や変更、オリジナルレイアウトの請求書など柔軟に対応させることができます。システム連携(デジタコ、給与等)も対応可能です。

“車楽” の特長と導入メリット

運賃体系の完全管理(未定運賃/契約単価)

業界特有の未定運賃あるいは仮運賃などが荷主毎・傭車先毎に把握できます。
また様々な契約単価にも対応しています。

車両経費・傭車支払管理

燃料・高速料金などの運行経費は車両別に管理。車両部品や消耗品の大量仕入など共通経費としての管理も可能です。傭車支払に関しては同一取引先が荷主と傭車先を兼ねる場合、相殺金額を管理できます。

修理伝票入力を標準装備

運行費の中でも大きなウェイトを占める修理費を車両単位で把握でき、車両が実在する限り修理履歴としてデータが残るよう設計しています。

実践的な管理資料が豊富

車両や運転者の実働状況や収支のバランス、または経費率や投資効率など経営指針に役立つ資料が豊富に揃っています。運輸局へ提出義務のある輸送実績報告書も出力できます。

カスタマイズ性

運輸物流会社様の基幹システムを構築するうえで、最小限必要となる管理ユニットは標準装備しております。
またご要望に合わせたオプションを選択できるよう設計されています。

トータルシステム構築相関図(例)

車楽システム

柔軟なカスタマイズ性

車楽のデータベースは汎用性がありますので、お客様特有の管理項目や事務処理にも柔軟に対応させることができます。
日報入力への項目追加や変更、オリジナルレイアウトの請求書などカスタマイズが可能です。

 

・日報入力への項目追加
・会社ロゴを入れたオリジナル仕様の請求書
・荷主とのオンライン処理
・見積原価管理の追加
・専用帳票・管理帳票の追加
・GPS機能を使った配車支援
・受領書のチェックと管理
・予算シミュレーション機能
・港湾荷役業務への対応
・作業進捗管理への対応

安心のサポート

当社は、株式会社オーユーシステム「車楽」の九州地区総代理店です。
運送、運輸業のお客様のあらゆるニーズにお応えできるソリューションをご提案いたします。
 

  • 導入当初はもちろんのこと、使い始めてからも操作方法、トラブルなど専用ダイヤルで対応いたします。
  • 遠方でも遠隔の画面操作によってサポートさせていただきますのでご安心ください。

機能一覧

  • 受注情報登録
  • 配車登録・車両振分
  • 運転日報登録
  • 経費情報登録
  • 稼働情報登録
  • 仮運賃確定入力
  • 請求明細書
  • 請求・売掛各種問い合わせ
  • 運転者/車両問い合わせ
  • 車両/車種別収支実績表
  • 運賃問い合わせ
  • 事例紹介

    P社 様

    年商 15億円
    業種 一般運送業、一般倉庫業
    事業内容 配送、倉庫業務

    導入前の課題

    • 配車管理が手作業のため、各配車担当者が各々の帳面及びホワイトボードで記入管理しており、また、稼働入力時のチェックが煩雑になり困っている。
    • 荷主毎に契約単価があり、その荷主の担当者でないと運賃計算ができない。

    ご提案内容

    • 配車からのデータ入力、配車データと実働データのチェック実施、売上データ作成による一元管理をご提案。
    • 単価計算方法の洗出しを行い整理を行うことで、単価をはじめシステム全体の見直しをご提案。

    導入効果、改善内容

    • 情報の一元化及び業務の簡素化により、配車データをもとに、請求・支払いの管理や車両・運転手の実績管理などを一貫して行う事ができるようになった。
    • 専任者に頼らない管理を行うことで、運賃計算を自動化することにより、専任担当者でなくても運賃の計算が出来るようになり、業務の標準化が行えるようになった。

    ソリューション情報

    お問い合わせ

    セミナー情報

    【2018.7.25(水)開催】AutoCAD乗換セミナー

    ~今流行の互換CAD「IJCAD」をご紹介~ AutoCADの購入方法が変更となりました。買切型のライセンスを終了し、更新型のライセンスを利用しなければなりません。これにより、AutoCADユーザーは確実に使用コストがア …

    【2018.6.18(月)開催】IT_Fair2018 in FUKUOKA

    IT_Fair2018 in FUKUOKA at JR HAKATA CITY 現在、企業では、IoT、AI、ロボットなど、技術革新を取り入れて飛躍的な生産性を向上させる産業改革を進めるとともに、ホワイトカラーの働き方 …

    【2018.3.8(木)開催】~旬な情報をお届け~ ITトレンドセミナー 〈第一回〉

    ITトレンドセミナー ~旬な情報をお届け~ 「 ITトレンドセミナー」では、昨今注目されているソリューションの事例を中心に御紹介いたします。人員の確保が難しい昨今、「生産性」をどうやってあげればよいのか。本セミナーでは、 …

    PAGETOP
    Copyright © エコー電子工業株式会社 All Rights Reserved.