54年のキャリアと2000社の納入実績を誇るソリューションベンダー

雨量観測システム EQROS

IoTで災害を事前に検知。雨量を監視し早期災害予防! クラウドを活用した雨量観測ソリューション

雨量観測システム EQROS

政府広報オンラインによると、全国にある1,741市区町村(平成27年末)のうち、平成18年から27年までの10年間に一度も河川の氾濫などによる水害が起きていないのは、わずか49市区町村(2.8%)
残り1,692市区町村(92.7%)では10年間に1回以上の水害が起きています。
水害はとても身近な災害です。

雨量観測ソリューション概要

IoTで災害の予兆を監視!

台風や集中豪雨による河川の氾濫や土石流などを監視し、大規模災害を未然に防ぐ重要な雨量測定。
LTE高速通信網を利用して観測データをクラウドサーバーに蓄積し、集中監視します。

いつでも・どこからでも観測データを確認

インターネットにつながる環境であれば、パソコンやスマートフォンからさまざまな観測を、いつでも・どこからでも・きめ細かく確認できます。
あらかじめメールアドレスを登録しておけば、警戒値を超えた際に、メールを送信する事も可能です。

 

 

EQROSシステム概要

・クラウド活用によりシステム構築等が不要。
・インターネットがつながる環境であれば、どこからでも雨量観測データを確認する事が可能。
・警戒値を超えた場合、登録者へメールでお知らせ。
・ソーラーパネルとバッテリーを搭載しており、商用電源は不要。
クラウドシステム

雨量観測局の特長

・高さ2mの省スペース、コンパクト設計
・ソーラーバッテリー搭載による現地での電源確保(商用電源の引込工事は不要)
・IOTゲートウェイ機器QRIOTにより、LTE通信で雨量カウント値をクラウドサーバへ送信します。
・バッテリーを搭載しており、日照不足でも3日間は運用可能です。
 万が一電源が落ちても、復電したら自動起動し測定を開始します。
 現地に行って電源を投入する必要はありません。(電圧監視機能でバッテリー状態を確認できます。)
雨量観測局

雨量観測システム(クラウドシステム)の特長

雨量情報の色分け表示
・地図上に設置場所を表示し、マウスポインタを近づけると雨量情報を色分けで表示。
雨量観測一覧
・設置場所の雨量データ一覧表示
・10分雨量、時間雨量、連続雨量の表示
スマートフォン表示
インターネットにつながる環境であれば、スマートフォンで観測データを表示できます。
 

雨量観測とカメラのセット

雨量測定とカメラのセット
・太陽光パネルで無日照でも3日運用
・画像は5分に1回更新
・画像は1カ月間保存、期間指定で画像をダウンロード可能
 
 ※写真は、株式会社九州テン様の設置事例です。(運用事例を見る

防災支援情報クラウドとの連携(富士通クラウドテクノロジーズ株式会社様)

防災支援情報クラウド Byニフクラ

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社様より 防災支援情報クラウド Byニフクラ の提供が開始されました。
このサービスは、インターネット上に公開されている気象・災害情報を地図上に一元表示するサービスで気象・災害情報のデータを自動更新し、常に最新情報を表示します。
 
EQROS雨量情報と連携し、災害発生時の情報収集作業を自動化して情報をリアルタイムに一元表示することで防災担当者の負担を減らし、自治体のスピーディな防災活動を支援します。

 
 
カタログダウンロード

ソリューション情報(一覧)

お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © エコー電子工業株式会社 All Rights Reserved.