54年のキャリアと2000社の納入実績を誇るソリューションベンダー

乗合バス・軌道業(ダイヤ編成)

市場背景

乗合バスの輸送需要は減少傾向にあり、全国的にも厳しさを増す状況にあります。
こうした厳しい状況下におかれても、バス事業様を取り巻く環境の変化にいち早く対応し、地方バス路線維持対策、安全輸送対策、環境対策、交通バリアフリー対策など多くの課題に取り組むことが乗合バス事業者様に求められています。
バス事業者の利益の源泉であるとともにコストの源泉でもあるダイヤについては、社会環境や交通事情の変化にタイムリーに適応しながら、永続的に適正化を進めていくことから逃れることができない状況です。
かつては筋屋と呼ばれたダイヤ職人の多くも高齢化の煽りを受けて、高度で専門的過ぎるノウハウを次代に継承していくことが困難な状況にあります。

こんなことでお困りではありませんか?

  • ダイヤ編成システムで作成した仕業情報が営業所勤怠システムと連携できない。
  • 組合との交渉や運輸局からの指導で労働条件が変更になるたびにカスタマイズが発生している。

システム特長

  • 労働条件をはじめとする各種条件のマスタ管理によりシステムカスタマイズの発生を抑制することが可能。
  • 外部システムとの連係を想定して柔軟なデーター出力機能を実現。
  • 利用実態システムとの連携等、営業戦略立案時に役立つ各種シミュレーション機能を装備。

導入成果

  • 各種システムと連携が可能になり、業務が楽になった。
  • 労働条件が変更になった時のシステムカスタマイズ量が減った。

システム概要図

機能一覧

ダイヤ編成支援 オプション
   

  • 停留所マスタ
  • 路線マスタ
  • 系統マスタ
  • 行先マスタ
  • 営業所マスタ
  • ラッシュ時間設定
  • ダイヤ作成
  • 仕業作成
  • 半自動仕業編成
   

  • Web時刻表システム
  • 運賃三角システム
  • 利用実態解析システム
  • 営業所勤怠システム

ソリューション(一覧)

お問い合わせ

セミナー情報

ITFair2017_FUKUOKA at JR HAKATA CITY

ITFair2017_FUKUOKA at JR HAKATA CITY ツナガル、ヒロガル、アツマル、カエル。 本年6月、政府は「未来投資戦略2017 ~Society5.0~」を発表し、急速な人口減少、特に人手不足を …

【2017.8.4(金)開催】製造業向けセミナー2017

製造業様必見!業務改革事例紹介 「IoT活用」×「現場改革」×「働き方改革」 日時 2017年8月4日(金)13:30~17:00 (13:00~受付開始) 主催 エコー電子工業株式会社 対象 総務・情報システム・営業・ …

PAGETOP
Copyright © エコー電子工業株式会社 All Rights Reserved.