54年のキャリアと2000社の納入実績を誇るソリューションベンダー

水産食料品製造業(販売管理)

市場背景

水産加工品の生産量は、消費者の食品に対するニーズが多様化する中で、年々減少傾向にある。
日本がTPPに参加した場合、農林水産業の生産減少額が3兆円に上るとの影響試算を行っており、水産物については8%、約2,500 億円の減少、さけ・かつお等、8品目については、一部を除き輸入品に置き換わるとされる。

こんなことでお困りではありませんか?

  • システムがトレーサビリティに対応しておらず、顧客からの問合せに迅速に対応できない。
  • 受注と出荷、出荷と売上といった業務間での重複作業が多い。
  • 各種取引条件が煩雑で、複雑な専門知識がないと業務処理に支障をきたしている。

システム特長

  • 原料・半製品・製品のロット別在庫管理のシステム化を実現。
  • 仕入・製造・出荷時のロット入力の運用を徹底し、原料から製品までロット別にトレースが可能。
  • 取引先と商品の組み合わせ(取引可能商品)や取引条件、契約単価等をマスタ化し、誰でも業務処理が行うことが可能。
  • 製造・販売・購買一体型のシステムを導入することにより業務間での重複作業の排除が可能。

導入成果

  • 得意先からの問合せに迅速に対応することにより、顧客満足度の向上を図ることができた。
  • 取引条件を可視化・標準化することで、誰が処理してもミスがなく効率的な業務を行えるようになった。
  • 全社システムを一元化することで情報の一貫性や二重入力の防止が実現し、入力業務工数を削減することができた。

システム概要図

機能一覧

営業業務 経理業務 管理資料
   

  • 区分単価マスタ登録処理
  • 見積処理
  • 受注処理
  • 仕入処理
  • 在庫移動処理
   

  • 売上処理
  • 請求処理
  • 入金処理
  • 売掛管理
   

  • 見積、受注、売上の各種管理帳票

ソリューション(一覧)

お問い合わせ

セミナー情報

ITFair2017_FUKUOKA at JR HAKATA CITY

ITFair2017_FUKUOKA at JR HAKATA CITY ツナガル、ヒロガル、アツマル、カエル。 本年6月、政府は「未来投資戦略2017 ~Society5.0~」を発表し、急速な人口減少、特に人手不足を …

【2017.8.4(金)開催】製造業向けセミナー2017

製造業様必見!業務改革事例紹介 「IoT活用」×「現場改革」×「働き方改革」 日時 2017年8月4日(金)13:30~17:00 (13:00~受付開始) 主催 エコー電子工業株式会社 対象 総務・情報システム・営業・ …

PAGETOP
Copyright © エコー電子工業株式会社 All Rights Reserved.