54年のキャリアと2000社の納入実績を誇るソリューションベンダー

米穀卸売業(販売管理)

市場背景

東日本大震災後の品薄感に引っ張られる形で米価が上昇、仕入れコストが上昇したことで米穀卸業者の利益を圧迫したが、その後は一転して、供給過剰により価格の先安感が強まった。
高値だった時期に仕入れ契約した業者も多いと見られ、利益を圧迫し企業体力が弱まった業者も多い。
そうしたなか、TPP交渉や減反政策廃止の議論が続いており、今後も米穀卸業者の経営環境は不透明な状況である。
また、量販店の精米日付管理も厳しくなり、精米日から3日以内でないと納品出来ない現実があり、昼夜問わずジャストインタイムで精米作業が求められている。

こんなことでお困りではありませんか?

  • 搗精の利益が管理しづらい。
  • 取引先からの要求で、EDI、EOSなどの注文対応が大変である。
  • 納品伝票を得意先様の指定様式で届けるので、手間が掛かっている。
  • 得意先の注文数、取引額の増減が気になる。

システム特長

  • 専用の搗精伝票入力画面により、玄米投入量、精米出来高の入力が可能。玄米N種類、精米N種類(2㎏、5㎏、10㎏)のブレンド米対応。
  • EDI、EOSでの受注データ自動連携機能を装備。
  • 指定伝票・送り状・荷札発行システム(伝発名人)連携機能を装備。
  • 得意先別、商品分類別、営業担当者別の売上管理表、売上推移表などの管理資料が充実。
  • 基本的な販売管理機能(売上、仕入、売掛、買掛、統計)を装備し、一般食品、飲料、加工製品も対応可能。

導入成果

  • 搗精の利益管理が効率化できた。
  • EDI、EOSでの受注業務が楽になった。
  • 指定伝票の発行作業が簡略化できた。

システム概要図

機能一覧

在庫管理業務
   

  • 搗精伝票入力
  • 搗精米関連実績資料
  • 加工伝票入力
  • EOS、EDI受注連携機能
  • ケース・バラ管理機能
  • ロット管理機能
  • 加工米関連実績資料

ソリューション(一覧)

お問い合わせ

セミナー情報

ITFair2017_FUKUOKA at JR HAKATA CITY

ITFair2017_FUKUOKA at JR HAKATA CITY ツナガル、ヒロガル、アツマル、カエル。 本年6月、政府は「未来投資戦略2017 ~Society5.0~」を発表し、急速な人口減少、特に人手不足を …

【2017.8.4(金)開催】製造業向けセミナー2017

製造業様必見!業務改革事例紹介 「IoT活用」×「現場改革」×「働き方改革」 日時 2017年8月4日(金)13:30~17:00 (13:00~受付開始) 主催 エコー電子工業株式会社 対象 総務・情報システム・営業・ …

PAGETOP
Copyright © エコー電子工業株式会社 All Rights Reserved.