54年のキャリアと2000社の納入実績を誇るソリューションベンダー

建設

業界動向(建設)

東日本大震災の復興需要、民間の設備投資の増加などにより業績は回復基調に。
さらには平成24年末からのアベノミクスの目玉である公共事業投資など建設業界にとっては好材料がそろってきました。
さらに、2020年にはオリンピックが東京で開催されることが決定し、鉄道網や高速道などのインフラ整備が加速する見込み。
東京都の試算によると五輪が開催される2020年までの経済波及効果は建設業界で4,745億円としており、長らく低迷が続いていた建設業界にとって大きなチャンスが到来する見込みです。

鋼材卸売業(販売管理)
市場背景 20年後半の世界同時不況で、世界的な工業製品用鉄鋼の需要は激減した。 さらに鉄鋼自体の価格が低下して、鉄鋼メーカーの収益に影響している。 また、供給過剰に伴う価格低下と円高、原材料価格の高騰などで鉄鋼業界にとっ ...
設備工事業(工事原価管理)
市場背景 2012年度の設備工事業の完成工事高は、18兆7,909億円で対前年103.7%である。 2009年にリーマンショックの影響による民間需要の落ち込みから大幅に市場規模が縮小したが、その後、景気の回復に伴い市場規 ...
設備工事業(作業現場料金回収)
市場背景 平成23年、INAX、トステム、新日軽、サンウェーブ工業、東洋エクステリアが統合しLIXILが発足、住宅設備業界では売上高規模でパナソニックと並び、新たな2強体制となった。 増税前の2013年は新設住宅着工戸数 ...
土木工事業(工事原価管理)
市場背景 土木工事の80%近くを占める政府の土木投資が2008年の14兆6,507億円を底として増加に転じ、2013年には18兆3,500億円と対2008年比で125.2%まで回復した。 今後については、厳しい財政状況の ...
道路舗装(工事原価-労務費管理)
市場背景 土木業界は20年秋に端を発した金融危機の影響により民間設備投資の減少、原材料価格の乱高下、さらに慢性的な公共投資の減少や地方自治体の単独事業費の予算削減等により厳しい状況が続いていた。 平成23~24年に入り、 ...
内装工事業(販売管理)
市場背景 従来、内装工事は建設業者の下請となるケースが多かったが、近年新築住宅の着工戸数が低迷しているため、リフォーム等直接受注するケースが増えている。 自社の特長や技術力、提案力を活かし、他社との差別化を明確にすること ...
住宅工事業(工事原価管理)
市場背景 平成23年、INAX、トステム、新日軽、サンウェーブ工業、東洋エクステリアが統合しLIXILが発足、住宅設備業界では売上高規模でパナソニックと並び、新たな2強体制となった。 東日本大震災の影響もあり近年は住宅着 ...
太陽光発電製品販売(販売管理)
市場背景 固定価格買取制度の開始を機に、太陽電池の製造部門に加え、設置・施工から発電事業に至るまで、各段階で新たなビジネスチャンスが訪れ、関連市場が拡大している。 また、政府、地方自治体、電力、太陽電池メーカー及び周辺産 ...
屋根材卸売業(販売管理)
市場背景 従来、建材卸売業は建材の仕入・販売をメインにしていたが、そもそも卸売業専業は薄利、多売の事業であるため、今日のように販売額が低迷するなかでは、収益確保が難しくなってきている。 そのため、中堅・中小の建材卸売業に ...
建材卸売業(B2Bサイト構築)
市場背景 2013年から2014年にかけての住宅設備・建材市場は、消費税増税の影響を大きく受けた。 増税前の2013年は新設住宅着工戸数が増加し、住宅設備分野、建材分野ともに市場は好調となった。 2014年は消費税増税の ...
船舶修理(工事原価-労務費管理)
市場背景 舟艇とは小型の船を指し、この業種はマリンレジャーにおいて使われるヨットやボート、ならびに小型漁船や業務艇の製造、修理が主な事業になる。 経済産業省の「工業統計表」によると、平成16年現在の「舟艇製造・修理業」事 ...
建築工事業(工事原価管理)
市場背景 東京での五輪開催により、鉄道網や高速道などのインフラ整備が加速する見込みであり、東京都の試算によると五輪が開催される2020年までの経済波及効果は建設業界で4,745億円である。 大手建設業者はこうした特需を商 ...
電気工事業(工事原価管理)
市場背景 電気通信工事業界は民間の設備投資と公共工事が収益柱である。 アベノミクス効果による株価の上昇、企業業績の回復など景気は上向き傾向だ。 ただし、民間の設備投資は潤沢な利益が生じた後に行われることが多く、株価など一 ...
管工機材卸売業(販売管理)
市場背景 東日本大震災の復興需要と民間の設備投資の増加により業績は回復傾向である。 アベノミクスの目玉である公共事業投資も業績回復に貢献している。 一方で、復興特需が重なったために、人手不足が発生している。 こんなことで ...
インテリア製造・卸(販売管理)
市場背景 堅調な推移を見せてきたインテリア業界だが、長期的に見れば、少子高齢化の影響、それに伴う新設住宅着工戸数の減少が予想され、国内の家具・インテリア市場は縮小傾向である。 今後は、国内市場を固めつつも、急成長するアジ ...
鉄鋼卸売業(販売管理)
市場背景 鉄鋼業界全体の需要については低迷の状態が続いており、今後の見通しについては不透明な部分が多い状況である。 加工や在庫管理の機能強化を目的とした設備投資を行う一部有力卸売業者も出てきており、ITを活用した流通シス ...
住宅設備機器卸売業(販売管理)
市場背景 住宅設備機器卸の業界は、地方の工務店・建設会社・リフォーム業者等を顧客基盤とした地域密着型の中小規模の会社が多く、大手企業による占有が進んでいない、典型的な断片的市場である。 そのため、多数の企業が縮小するパイ ...
特殊鋼の加工、卸売(販売管理)
市場背景 世界的な構造問題として鉄鋼過剰能力問題があり、その影響を特殊鋼業界も被っている。 高品質な特殊鋼を最大限に発揮させる加工技術の進歩など次工程とも連動した特殊鋼の付加価値の向上も重要な課題である。 特殊鋼業の直面 ...
建築材料卸売業(販売管理)
市場背景 東日本大震災の復興需要と民間の設備投資の増加により業績は回復傾向である。 アベノミクスの目玉である公共事業投資も業績回復に貢献している。 一方で復興特需が重なったために人手不足が課題だ。 こんなことでお困りでは ...
機械工具卸売業(販売管理)
市場背景 中小製造業の減少や工場の海外移転など需要先の構造が大きく変化する中で、企業の二極化傾向が見られる。 業界では、体質改善に向けた合理的経営の推進、また、情報システムを活用した共同受注への取組が続けられている。 こ ...

ソリューション(一覧)

セミナー情報

ITFair2017_FUKUOKA at JR HAKATA CITY

ITFair2017_FUKUOKA at JR HAKATA CITY ツナガル、ヒロガル、アツマル、カエル。 本年6月、政府は「未来投資戦略2017 ~Society5.0~」を発表し、急速な人口減少、特に人手不足を …

【2017.8.4(金)開催】製造業向けセミナー2017

製造業様必見!業務改革事例紹介 「IoT活用」×「現場改革」×「働き方改革」 日時 2017年8月4日(金)13:30~17:00 (13:00~受付開始) 主催 エコー電子工業株式会社 対象 総務・情報システム・営業・ …

PAGETOP
Copyright © エコー電子工業株式会社 All Rights Reserved.