54年のキャリアと2000社の納入実績を誇るソリューションベンダー

冠婚葬祭

業界動向(冠婚葬祭)

近年のブライダル業界は、堅調な推移を見せています。
近年では比較的高価なハウスウエディングで挙式を行うスタイルがブームに。
婚姻件数は減少傾向ですが、結婚年齢の上昇などを背景に、1組あたりの結婚式単価も上昇し、大手を中心に業績を伸ばしています。
ただし、近年の伸びは鈍化しており、今後の動向には懸念が残ります。
婚姻件数は人口の減少とともに減少の一途をたどっています。また、近年では挙式や披露宴を行わないカップルも増加。今後のさらなる市場の縮小が予想されます

一方、葬儀業界も堅調な推移を見せています。
今後、超高齢化社会を迎える日本において、葬儀業界は長期にわたる安定的な需要が見込まれています。
冠婚葬祭業界は、新規参入者も相次ぎ、顧客獲得競争は激化しています。
また、葬儀件数は増加傾向にありますが、ライフスタイルの多様性や地域コミュニティの希薄化などを背景に、1葬儀あたりの単価減少が目立ち始めています。

結婚式場(集客・効率化)
市場背景 2014年のブライダル関連市場規模(主要6分野)は、前年比99.2%の2兆5,718億円と、前年に続き市場の縮小を見込む。 ブライダル関連市場において5割以上の構成比を占める挙式披露宴・披露パーティ市場を含め、 ...
結婚式場(貸衣装)
市場背景 ブライダル・ウェディングに関連する市場は挙式・披露宴以外に指輪やドレス、美容までもを対象とすると2~3兆円規模に達すると言われており、式場・披露宴だけに限定しても1.5兆円規模の市場規模がある。 しかし、婚姻組 ...
葬祭業(見積・売上・世帯管理)
市場背景 葬祭(フューネラル)ビジネス市場は、法的規制がなく、特に初期投資を必要としないことから新規参入が比較的容易であるため、ビジネスへの新規参入が全国規模で進んでいる。 近年は、流通小売業、鉄道業、JA(農業協同組合 ...
互助会(会員管理)
市場背景 日本では高齢化に伴い年間の死亡者数は増加し続けており、2040年ごろまでは増え続けると見られている。 また死亡者数増加にともない葬儀市場は拡大を続けており、経済産業省の特定サービス産業動態調査によると、2013 ...
結納品製造・卸売業(販売管理)
市場背景 2014年のブライダル市場は前年比99.2%の2兆5718億円で市場規模は縮小傾向となった。 要因の1つは婚姻件数の減少が関連している。 また、ブライダルに対する価値観の変化等から、披露宴や挙式を行わない「なし ...

ソリューション(一覧)

セミナー情報

ITFair2017_FUKUOKA at JR HAKATA CITY

ITFair2017_FUKUOKA at JR HAKATA CITY ツナガル、ヒロガル、アツマル、カエル。 本年6月、政府は「未来投資戦略2017 ~Society5.0~」を発表し、急速な人口減少、特に人手不足を …

【2017.8.4(金)開催】製造業向けセミナー2017

製造業様必見!業務改革事例紹介 「IoT活用」×「現場改革」×「働き方改革」 日時 2017年8月4日(金)13:30~17:00 (13:00~受付開始) 主催 エコー電子工業株式会社 対象 総務・情報システム・営業・ …

PAGETOP
Copyright © エコー電子工業株式会社 All Rights Reserved.