製造業様必見!業務改革事例紹介
「IoT活用」×「現場改革」×「働き方改革」

日時 2017年8月4日(金)13:30~17:00 (13:00~受付開始)
主催 エコー電子工業株式会社
対象 総務・情報システム・営業・現場・ご責任者様・ご担当者様
定員 30名
参加費 無料(事前申告制)
場所 福岡市博多区東比恵3-1-2 東比恵ビジネスセンター4階
地図・アクセス
プログラム 【第1部】
13:30~14:30 (60分)
NTTコミュニケーションズ株式会社

IoT市場のトレンドとNTT Comの取組みについて

●近年IoTが注目を集めており、多くの企業がIoTを活用し、コスト削減や売上拡大を
目指している状況。コストやスピードの観点から0から開発するのではなく、IoTプラ
ットフォームを利用することが主流となっている。しかしながら、IoTプラットフォー
ムを採用するにあたり、さまざまなお悩みを抱えている企業が多い。本セミナーでは、
クラウドによる最新のプラットフォームを活用した、製造業でのIoTご利用モデルを
ご紹介します。

例) 工場・工作機械・倉庫・遠隔監視・アラーム通知による故障の早期発見、稼働状況の
一括監視による生産性向上

【第2部】
14:45~15:45 (60分)
富士通エフ・オー・エム株式会社

製造分析ツールOTRSを活用した現場改革事例紹介

●映像による動作分析・時間分析などの機能により、生産・製造工場の作業時間短縮・
省力化・コスト削減ができるソフトウェアです。

(1) 映像による動作分析・時間分析で、現場作業の見える化、効率化を実現!

(2) 標準作業をわかりやすく映像で伝えるコンテンツをカンタン作成!

【第3部】
16:00~17:00 (60分)
社会保険労務士法人 COMMITMENT

過重労働対策と労働時間管理のポイント

●近年、政府は長時間労働の規制をはじめとする過重労働対策を強く推進しており、
企業はその対応を迫られてきております。本セミナーでは、自己申告制や自習時間の
考え方がより厳格・明確に示された「労働時間適正把握ガイドライン」や、「働き方
改革実行計画」において示された労働時間の上限規制など、企業に影響のある対策の
内容を解説しつつ、求められる対応とそのポイントをご紹介します。
(1) 過重労働対策強化の背景
(2) 政府の過重労働対策の最新動向
(3) 今後企業に求められる労働時間管理と労働時間削減のポイント

お問い合わせ先 エコー電子工業株式会社
担当:西嶋・後藤・大隈
TEL:092-471-0848
関連ソリューション GloviaきららtypeⅢ
「工場の望」
MajorFlowTime
IDリンクマネージャー
OTRS